ストレスが原因で病気になってしまう!?

ストレスによる病

現代社会で、ストレスなく生活している人はいないと思います。ストレスとは自分の身の回りに常に滞在しており、いつ襲いかかってくるかわかりません。悟りを開いた方や、社会的輪廻から解放されている人は、これから先を見る必要はないかと思います。

ストレスが身体に影響を与える

ストレスでかかる病気をイメージした時、最も思い浮かびやすいのがうつ病などの精神的な病だと思います。しかし、ストレスは精神的な部分だけではなく、身体的な部分にも影響を及ぼすことが分かっています。

 

例えば、緊張でお腹が痛くなるというのは、単純にストレスが原因になります。胃潰瘍や十二指腸潰瘍など臓器に穴があいてしまうのも、原因はストレスが多いです。また、過呼吸に陥ったりと、呼吸器官の疾患も大半はストレスが原因とされています。

国立循環器病研究センター・循環器病情報サービスによると、実際、これまでの研究で精神的要因が心臓病の発症に関係し

ていることがわかっています。

ストレスでだるい

ストレスはどのように身体に影響を与えているか

主にストレスが強く影響しているのは、自律神経です。自律神経は身体の消化器や呼吸器、循環器等の活動を24時間調整する神経になります。この自律神経が乱れると、身体の器官に様々な不調を与えます。

おもな原因は、生活環境で起こる対人関係、プレッシャー、悩みや不安など。また、健康的な生活リズムとは逆な昼夜逆転や、寝不足、不規則な食生活も原因になりえます。

ストレスとどのように付き合っていくか

一番はストレスがかからない生活をすることがいいのですが、現代の社会では難しいことでしょう。その為、いかにストレスと向き合って発散していくことが大事ということになります。対策としては、自分に合ったストレス発散をみつけたり、仕事の合間に意識して休憩時間を作るなどがあります。また近年ではマインドフルネス瞑想などが人気です。