「ストレス」を知ることで「ストレス」とうまく付き合う!

ストレス

便利を求める現代社会においてストレスを感じずにはいられないような時代になってきました。ストレスはさまざまな体調不良を招き、自分にとってとても負担になり、長期間溜めこんでしまうと何かしらの病気になってしまったりしてしまいます。そうならないためにも厳選した究極のストレス発散方法を紹介していけたらと思います。ブレイン

そもそもストレスとはなんぞや?

ストレスとはよく耳にするけれど、本当の意味をしっかりと理解している人は少ないのではないでしょうか。あなたはストレスについてどういったものか説明できますか?

「ストレス」とは、自分の身の回りで起こった出来事やなんらかの刺激によって自分の心と体に起きる症状のことをいいます。どういったものかというと、例えば、「上司に仕事の失敗についてこっぴどく怒られた」とか、「嫌がらせを受けている」とか、「悪いことをしてバレナイかなという不安」など、状況はさまざまですが、人によってストレスの感じ方は違うことを理解しましょう。

「嫌なこと = ストレス」は間違い!

ストレスは自分にとっての悪い事や嫌なことだと思っていませんか?仕事や学校、近所づきあいなどの人間関係や仕事へのプレッシャー、長時間の勤務、多忙な毎日、騒音に苦しんだり、貧乏であったり、政権に対する不満などがおもにストレスの発生する原因だと思っていませんか?違う

実はそれは間違いなのです!!

○苦手な人と仕事をする
○大好きな彼女とデートにいく
○テスト期間で睡眠不足
○大好きな部活動のトレーニング
○楽しみにしていた旅行の前日なども、、、

これらすべて「ストレス」なのです!!!笑

極端にいえば結婚も離婚も、出産も葬式も、入学も卒業も、嫌なことも好きなこともぜーんぶがすべて“ストレス”なのです。それらのことが関係なく「心と体にうけるあらゆる刺激」のことを『ストレス』ということを押さえておきましょう!

ストレスをタイプ別に見分ける

ストレスは人によって感じ方が大きく違ってきます。そのパターンは大きく分けて3つに分かれます。

≪イライラタイプ≫
ストレスを感じると気持ちが高ぶってきて、イライラしだします。おもに自分の思い通りにならなかった場合に多く起きます。

≪憂鬱タイプ≫
ストレスをうけると気持ちが落ちやすくなり、マイナス思考になってしまい夜眠れなくなってしまったり、悩みがつきなくなり無気力になっていきます。

≪体長不良タイプ≫
疲れがとれなくなったり、片頭痛や便秘などの症状が顕著に現れるタイプです。上記の2つのパターンも並行して起きていることが多いです。冷え症やむくみ、肌荒れの原因にもなります。

ストレスを解消することで健康的なカラダを手に入れよう!

健康

このようにまだ紹介したのはほんの一部ですが、ストレスがもたらす体への悪影響はまだまだこんなものではありません。もちろんいい影響もありますが、それについては他の記事で書かせていただきます。
ストレスのない状態のことをなんというかといいますと、「何の変化も起こらない状態」のことです。いい意味でも悪い意味でもストレスはわたしたちの心と体に影響しているのです。何の変化もないってとってもつまらないと思いませんか?そこである程度のストレスは人生を楽しむためにはすごく大事なことだとわたしは考えます。

そのストレスをうまく付き合いながら、悪い影響を与えるストレスをうまく解消し心身ともに健康的なカラダを手に入れるために日々精進していきたいものです。